周りも辛いのです

皆さんは、喘息と言う病気を知っていますか?
名前だけは聞いた事があるという人が多いとは思います。
実際に喘息にかかると、本当に辛く、夜も満足に寝ることはもちろん、横になって寝るのがしんどくなって、座らないと喘息が治まらないという事もあります。
常に喘息疾走状態のような、「ぜーぜー」と荒い息遣いに、一度咳の発作が始まるといつ終わるかわからないぐらいの、しつこさと咳の連続でぐったりしてしまいます。少し動いただけでも息切れしたり、胸が苦しくなって、満足に日常生活が送れない事もしばしばです。

喘息の治療は、概ね薬による治療がメインです。
予防する薬に、発作が始まった時に症状を緩和するのに使う薬、この2つがメインになってきます。
薬によって喘息が治ればいいのですが、症状がなくなるような完治するような薬は少なく、また高額になったり副作用の懸念もあります。

喘息の発作をしている人を見ているのは、かなり辛いものです。
何もしてあげる事も出来ずに、治まるまで背中を擦ってあげる事しか出来ません。
発作をしているが一番苦しくしんどいのが、よくわかるだけに傍にいてても歯がゆい気持ちしかありません。

このように、喘息の人やその周りの人もしんどくなってしまう病気、痛みを理解しつつ、早く症状がよくなるように、一緒に考えていきましょう。

おすすめサイト

喘息のお薬を購入するなら|アイドラッグマート

Category
  • カテゴリーなし
アーカイブ